映画「BREADWINNER」

f:id:kuishinbou445:20191018112813j:plain

 

今日は咳が止まらないので学校を休みました。

 

せっかくゆっくりできるので、娘が図書館で借りたBREADWINNERという映画をみんなで見ることに。

BREADWINNERは、大黒柱、一家の稼ぎ手、という意味です。

調べると、日本では「生きのびるために」というタイトルで出ています。

舞台は2001年のタリバン政権下のアフガニスタン

www.youtube.com

冒頭で、父親が娘に本を読ませた罪で捕まってしまいます。

女性のみの外出が禁止されているため、11歳の少女が家族を守り、父親を見つけるために髪を切って少年になりすます・・・

11歳の少女が一家のBREADWINNERになるお話。

 

ちょっとした、娘の課題に付き合うつもりでみた映画。

(本当は読書感想文を書くんだけど、読みきれないから映画で見る、という裏技を使ってみたものの、どうやら原作と映画、かなり違う模様・・・ダメじゃん!)

いろんな国で、いろんな人が、いろんな価値観に縛られながら生きている。

すごく見応えがある映画でした。

日本でもレンタル出来るかな?

親子で見て、色々考えるのにとてもいい映画だと思いました。

UNHCR親善大使のアンジーがエグゼクティブディレクターで、アカデミー賞にもノミネートされた作品らしい。

 

今私がいる世界が平和なことに感謝することしきりです。

そして、知らない世界の人達も、みんな平和に暮らせます様に・・・

 

そんな厳かな気持ちでいる中、旦那は終わった直後に「ミッション・インポシブル」を見始めた!!!

チャン、チャッチャチャン、チャッチャチャン、チャン・・・

チャララ〜!チャララ〜!チャララ〜!チャラッ!!!

 

もうちょっと、余韻に浸らせて欲しかった・・・

 

  

 

 

読んでくれてありがとうございます!ランキングエントリーしてます。よかったらポチッとしてくれたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村